お掃除

洗濯しても取れない臭いに!過炭酸ナトリウムを使ってみました

更新日:

服の臭いが取れない

最近雨が降っていたわけでもないのに、朝着替えていると服から生乾きの臭いが…。

何度も洗濯しているのに「どうしてだろう?」と疑問に思う人も多いはず。

私の場合はジーパンが、汗っぽい生乾きの臭いが何度洗濯しても取れませんでした。

そこで、臭いの取り方を調べて、過炭酸ナトリウムを試してみたので紹介します。

 

洗濯したのに臭いが取れない原因は?

何度洗濯してもなかなか取れない臭いは、実は汗の臭いではなく、モラクセラ菌という雑菌が原因のものになります。

この菌は普段の生活空間の中や人体などにいる常駐菌で、この菌自体から臭いがする訳ではありません。

洗濯した衣服が生乾きの時などにモラクセラ菌が増殖し、たんぱく質や皮脂を分解した後の糞のようなものが生乾き臭を出しています

このモラクセラ菌が繊維の奥まで入り込んでしまった場合は、洗濯をして天気の良い日に外で干しても、乾燥や紫外線にも強いためは菌は残ってしまい臭いが取れない状態になります。

基本的に健康な人体には無害と言われていますが、免疫力が落ちている時に病気の原因になったり、なにより臭いの原因になるため、洗濯物がずっと臭うという場合には、除菌した方が良いでしょう。

モラクセラ菌の除菌方法は大きく次の2つが一般的です。

モラクセラ菌の除菌方法

除菌ができる洗剤や過炭酸ナトリウムで除菌する方法

熱で除菌する方法

モラクセラ菌では熱に弱いので、乾燥機を使ったり、アイロンをかけるなどでも除菌する事ができます。

ただ、アイロンなどではムラがあったり、熱に弱い生地では使えないなどあるので、個人的には過炭酸ナトリウムで浸け置きする方が確実で楽に除菌できると思います。

 

過炭酸ナトリウムの効果的な使用方法

過炭酸ナトリウムについては、100円均一のダイソーなどのショップに売っているようです。

ただ、私の近くの店は3件ぐらい回りましたが、クエン酸や重曹などは見つけたものの、過炭酸ナトリウムは見つけられず、ホームセンターで500gで300円ぐらいの物を買ってきました。

激落ちくんの過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムでの効果的な除菌方法は、溶かしたお湯での浸け置きです。

基本的には、お風呂のお湯ぐらいの温度のお湯に、適当な量(1Lに10gぐらい?)の過炭酸ナトリウムを加えて浸け置きします。

40℃以上で漂白の力が強まるので、浸け置きする入れ物や衣服の耐熱温度が高ければ、40℃より若干高いぐらいの温度のお湯を使用した方が効果的かも知れません。(ただ、温度が高すぎると分解速度が漂白速度よりも速くなりすぎて、逆に漂白の力が弱くなるので要注意です。)

1〜2時間ほど浸け置きをして、その後に洗濯機でいつもと同じように洗濯します。

今まで何回か洗濯しても臭いが取れなかった人は、もっと早くしておけば良かったと後悔するぐらい臭いが無くなるかと思います。

使用した過炭酸ナトリウムは、「炭酸ソーダ」「酸素」「水」に分解されるため、環境にも優しい方法になります。

過炭酸ナトリウムはアルカリ性が強く、皮膚のタンパク質を落としてしまうので、手荒れなどを考えると手袋をした方が安心です。

 

実際にやってみた感想

そして、我が家で実際にやってみた方法と感想を紹介します。

臭いが全然取れなかったのが、このジーパンです。

なぜか他の洗濯物が大丈夫な中、これだけ臭いが全然落ちません…。

ジーパンの場合は、洗濯頻度が少なくなりがち(?)だったり、乾きにくかったりするので、余計に菌が繊維の奥に根付いてしまったのかなと思います。

臭いの取れないジーパン

 

せっかくなので、「浸け置きしてる間も温度が下がらないように」と、天気の良い日に外で浸け置きしてみました。

意味があるかは分かりませんが、何となく効果が上がる気がします!

過炭酸ナトリウム

 

そして、さっそく過炭酸ナトリウムを投入すると、写真では分かりにくいかもですが、水と反応して「シュワ〜」と白くすごい泡立ち始めます

この時点で期待は膨らむばかりです。

過炭酸ナトリウムに浸けたジーパン

 

約2時間後、ジーパンは軽く絞って洗濯機に入れて、洗濯をします。

ちなみに、初めは透明感のあった過炭酸ナトリウムを溶かした水(お湯)も、汚れが取れたからか少し黄色くなっていました。

汚れた水

 

そして、洗濯して乾いた後に臭いが残っているか嗅いでみると、見事に生乾きの臭いが無くなりました!

 

過炭酸ナトリウムで生乾きの臭いは落ちる!

その後にも何回か着用も洗濯もしましたが、今のところ臭いも特に復活せずに、ほぼ完全に臭いは消えました。

正直、思った以上に生乾きのイヤな臭いをなくす事ができました

過炭酸ナトリウムは、酸素系漂白剤とも言うので、色落ちも少し心配していましたが、それも特に問題ありませんでした。

「漂白剤」にはなりますが塩素系漂白剤と違い、酸素系漂白剤なので、汚れの色素のみを分解するし、繊維の染料まで脱色するものではないようです

なので、色柄ものにも使用しても問題なしです。(毛や絹などの繊維、生成り繊維には使用できません。

今回は生乾きの臭い落としに使いましたが、お風呂や洗濯槽の汚れ落としにも効果ありなので、過炭酸ナトリウムは結構使えるやつです。

洗濯物の臭いが取れなくて困っている場合は、ぜひ1度試してみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お掃除

Copyright© くらつく , 2019 All Rights Reserved.