子育て

​子供の成長記録にも最適!溜まったスマホの画像を写真アルバムにしよう

更新日:

写真を見る親子

我が家では自分で言うのもなんですが、夫婦ともに子供に甘い親バカです。

おかげでスマホやデジカメで撮った写真が大量にあり、いつどんな写真を撮ったか探さないと分からないぐらいです。

今年は上の子が3歳。保育園には行ってないのですが、来年から幼稚園に行く予定です。

そこで、七五三の年でもあるので幼稚園までの記録をアルバムにする事にしました。

写真アルバムの主な作り方は?

今回、写真アルバムを作るのにあたり、形として手元に残す事にこだわりました。

なぜかと言うと、機種変更時にスマホのデータが消えた事件があり、データではなく形になるもので残したかったからです。
(幸いバックアップを取っていたので全部は消えなかったものの、その日の直近のバックアップ前の写真は消えてました)

写真アルバムを作る方法は大きく次の3つがあります。

1. インターネットでアルバムを注文する

インターネット上のサービスで基本的には写真を選ぶだけでアルバムを作る事が出来ます。

スマホやデジカメの写真がメインの今では、最も主流なのがネットでの注文です。

時間を選ばずに24時間注文可能なので、夜に子供達が寝た後でも注文や写真選択が出来て便利です。

2. 自分でアルバムを買って現像した写真を貼る・入れる

台紙に貼るタイプやポケットに写真を入れるタイプがメジャーになるかと思います。

私自身も子供の頃のアルバムは、ファイルに入れるタイプでした。

手間は掛かるものの、手作り感いっぱいの温かみのあるアルバムが作っていけます。

3. 写真館などでアルバムを作ってもらう

写真館などでは、通常の写真購入だけでなく、アルバムを作ってもらう事も出来るところがほとんどかと思います。

多少お金は高くなりますが、家にパソコンが無かったり、写真の質を求める場合は適していると思います。

日々の記録というよりも記念日の撮影やアルバムを作る場合に適しています。

 

この中でも私のオススメは「ネットでアルバムを注文する」です。

オススメする主な理由は、下記の通りです。

  • 時間を選ばずに写真を選んだり、配置したり出来る
  • 店舗に行かずに自宅で出来る
  • サービスが分かりやすい
  • 料金もお手頃でオシャレなデザインもある

仕事に家事に育児に。焦らずにじっくり検討していけますので、普段は中々に時間が取れない人に特にオススメします。

 

『MyBook』でアルバムを注文してみました

と言うわけで、早速ネットで注文してみました。

色々と検討した結果、今回選んだサイトがコチラのマイブック

マイブックを選んだ理由は、16年以上の実績がある事(2017年時点)とデザインがオシャレな事と料金も手頃という事が最も大きいです。

デザインと価格のどちらもと考えている方に1番良いサービスはマイブックだと思います。

 

マイブックで作る事が出来るアルバムは?

実際に作れるアルバムの種類は結構豊富で、サイズや枚数だけでなく、カバータイプやアルバムの仕上げも選ぶことが出来ます。

 

カバータイプ

カバーの比較

カバータイプは「ハードカバー」と「ソフトカバー」があり、ハードカバーのタイプには「糸綴じ」のものもあります。

しっかり残したい時は「ハードカバー」、ちょっとした旅行の思い出など手軽に作りたいと時はリーズナブルな「ソフトカバー」というように使い分けが出来るのが嬉しいです。

 

サイズとページ数

サイズ比較

自由度が高いと感じた1つの理由が、サイズとページ数を選べるところです。

サイズは正方形なら「CDサイズ(13cm角)」〜「300S(約30cm角)」まで5サイズあり、縦長や横長の形状も合わせると11サイズあります。
※手のひらサイズのミニ(7.6cm角)も合わせると12サイズ!!

また、ページ数も「10ページ」〜「100ページ」まで選べるので、選びたい写真の量やアルバムの構成に合わせてお好みのアルバムを作る事が出来ます。

 

選べるアルバムの仕上げ加工

仕上がり比較

かなり重要になってくる写真の仕上がり。これが選べるところも個人的にかなりポイントが高かったです。

アルバムの仕上げ加工は、下の表の3つから選ぶことが出来ます。

写真集みたいにするなら「ラミネート加工(光沢)」、高級感を演出するなら「つや消し」をというように仕上がりのイメージに合わせて選びましょう。

ラミネート加工(光沢) つやつやの仕上がり
ラミネート加工(つや消し) つやの無いマットな仕上がり
ニス加工 ほどよい光沢

 

アルバムの注文方法は?

注文方法はサイトに書いてあるので割愛しますが、アルバムの作り方も想像以上に自由度が高く、写真の配置などから装飾、文章の挿入や写真の色補正までOKです。

面倒くさがりの私はテンプレートから作成しましたが、テンプレートからでも細かい調整は可能です。
→ マイブックの作り方

私の場合は、アルバム用にある程度は写真を絞り込んでいたので、写真を当てはめて、少し文章を入れて出来上がりです。

少しだけテンプレートから写真の配置や色の明るさなど変更しましたが、かかった時間は30分〜1時間程でした。

テンプレートもかなりいろいろあるので一度確認してみてください。
→ マイブックのテンプレート

写真選びのコツ

実際に一番時間が掛かるのが写真選びだと思います。

私なりの写真選びのコツは「テーマを決めてから写真を選ぶ」という事です。

今回は、産まれた時から1ヶ月毎に1枚(お気に入りは別で)と決めて写真を選びましたが、それでも割と時間が掛かりましたので、1年毎にアルバムを作るなどしないと運動会などのイベントが増える今後は写真選びが出来るかが心配です。

割引期間を利用しよう!

マイブックの注文は時期によっては割引などもあるようで、私も初めて作った今回は下で紹介している初回割引を利用しました。

まずはお試しで1冊作ってみるのもオススメです。(初回割引がいつまでか分からないのでお早めに!!)

マイブックの公式サイトはコチラから
→ オリジナル写真集ならMyBook

アルバム作成にはパソコンが必要ですが、スマホからでもフォトグッズが作れるサービスもあるのでご自宅にパソコンが無い人はマイブックライフも活用してみてください。

 

届いたアルバムの感想

マイブック梱包

注文後、ちょうど1週間でアルバムが届きました!
届くまでに祝日もあったのでタイミングによっては1週間かからないかも知れません。

アルバムはダンボールに糊付け(?)されたプチプチに包んであり、傷などは全くなかったので一安心
アルバム自体にもプラスチックのカバーが付いてました。

アルバム表紙

実際に届いての感想は、めちゃめちゃ良い!です。

注文前に色々なサービスと比較して選んだものの、価格も安かったのでそこそこ仕上がりでも良いかと思っていましたが、リピーターが多いのも納得の期待以上の出来上がりでした。

写真じゃ分かりにくかったので載せませんが、ページの最初と最後に遊び紙(何も印刷されていない紙)がちゃんと入っているので、アルバムを開いた時の高級感もあります。

今回注文したのは「ラミネート加工(つや無し)」。見た目も良いですが手触りも良いし、指紋でベタベタになる事もなかったので選んで正解でした。

結婚式とかなら光沢が良い感じかと思いますが、日常や旅行の思い出などは「ラミネート加工(つや無し)」がオススメです。

アルバム中1

アルバム中2

あとは、レイアウトも簡単にオリジナルの形に出来ますが、遊び紙の部分に子供の手形をつけるなどの工夫をしてみると、さらに特別な1冊になること間違いなしです。

 

まとめ

今回、溜まった写真をアルバムにしたくて頼んだインターネットでの注文ですが、実は初めてのインターネットでの注文でした。

少し出来上がりなどが不安でしたが、実際注文してみて時間を選ばずリーズナブルに出来る事ももちろんですが、仕上がりの良さに対する驚きが大きかったです。

今度は下の子のアルバムを注文するために、早速から写真選びから始めようと思います。

イベント毎に作るのも良いかも知れないですね。

最後にですが、写真や連絡先などをデータで残す場合はしっかりバックアップを取っておきましょう!本気でアセります…。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事トップ5

soilイメージ 1

一人暮らしや夫婦だけの時はあまり気にならなかったのですが、家族が増えてくると最後にお風呂に入った時にバスマットが少し濡れていて少し悲しい気持ちになる事がありました。 でも、思い切って珪藻土のバスマット ...

ハチミツ 2

少し触れると痛い口内炎。 体質かどうか分からないのですが、私の場合は寝不足やお酒を飲んだ後によくなってしまい、数日間ずっと食事が億劫になる事がよくありました。 これまでは、自然治癒で特に何もせず、食事 ...

写真を見る親子 3

我が家では自分で言うのもなんですが、夫婦ともに子供に甘い親バカです。 おかげでスマホやデジカメで撮った写真が大量にあり、いつどんな写真を撮ったか探さないと分からないぐらいです。 今年は上の子が3歳。保 ...

寝る子供 4

子供が小さい頃は夜の寝かしつけは大変です。 しかも、昼寝をしないまま夕方の5時や6時になってから寝てしまった時は、夜になかなか寝てくれず、深夜まで子供が起きているという経験をした方も多いのではないでし ...

乾燥肌対策 5

冬の季節に気になるのが乾燥肌ですね。 我が家でも、上の子は特に問題なかったのですが、下の子が乾燥肌だったようで、冬場になると引っ掻きすぎて体が傷だらけになっていました。 病院に行ったり、少し長くなると ...

-子育て

Copyright© くらつく , 2018 All Rights Reserved.