健康

春バテかも?春先には自律神経の乱れを整える生活をしよう

投稿日:

春バテした女性

冬から春になってくる3~4月の少し暖かくなり始めた頃に、なんとなく体がだるかったり、やる気が出なかったりして体調が悪い時はないでしょうか。

「風邪かな?」と思ってみたものの、案外その疲れの原因は「春バテ」かも知れません!

私も少し前までは、「五月病」「夏バテ」ぐらいしか知りませんでしたので、春バテについて調べてみました。

 

春バテって?

卒業や入学、入社といった、新年度が始まる時期に起きるのが春バテ。

症状としては、肩がこるなど体がだるくなったり、頭痛がしたりと体に不調が出るほか、何となくイライラしたり、倦怠感があるなど心身ともに不調になります。

春バテが起きるのは、下記2つの原因による自律神経の乱れから起きると言われています。

新生活でのストレス

季節の変わり目の寒暖差

 

新生活でのストレス

大学などでの新入生や新社会人、特に新しく一人暮らしを始めた人の場合、生活もガラッと変わり、新しい生活に向けての不安などでストレスを感じやすかったりします。

また、この時期は花粉症の時期でもあるので、余計にストレスが溜まりやすい環境になる可能性が高いです。

このストレスによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、自律神経の働きが大きく乱れてきます。

 

季節の変わり目の寒暖差

3〜4月で暖かくなり始めた季節の変わり目の時に困るのが、朝晩の寒暖差です。

「昼は暖かいのに夜はまだ肌寒い」という日が続く事で、体の体温調整もしてくれる自律神経が働き、その分のエネルギーを消費するので疲れを感じるようになります。

また、春に高気圧が通過したあとにくる低気圧の「気圧の谷」によって、酸素の空気中の割合が低くなることで、日中でも交感神経が優位な状態になります。

そうなると、体は休憩中のいわゆる「おやすみモード」になるので、日中でも普段以上にダルさや眠気が強くなり、ヤル気が出ないという状態になってきます。

 

春バテの対策

春バテしないようにする対策としては、原因にもなっている自律神経の乱れを整える事です。

実際にどのような事をするのかと言うと、適度な運動や十分な睡眠など健康的な生活を心掛ける事になります。

運動不足の人は、忙しくて運動する時間がないという人も多いかと思います。

その場合は、少しだけ早起きして、軽いウォーキングをするのも健康的です。

睡眠については、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるなど、睡眠前にリラックスする事が大事です。

快眠
【​スッキリした目覚めを】ぐっすりと快眠する為の方法

睡眠時間は十分に取っているはずなのに、全然疲れが取れないという人は多いと思います。 私自身も普段6〜9時間近く寝ているのに、朝起きると全く疲れが取れていないという事が多々ありました。 正直なところ、最 ...

食生活も春バテに影響してくるので、特に一人暮らしの場合は栄養管理などにも気をつけたいですね。

 

スマホの見過ぎにも注意!

春バテの症状が起こる原因を作りやすいものとしてスマホの見過ぎがあります。

昔ではテレビゲームやパソコンだったものの、今ではスマホが下記のような状況を作っている事がよくあります。

目を酷使してしまう

夜更かししてしまう

画面を見る姿勢が悪く肩こりになってしまう

上記の全部が該当するような、「夜に寝ながらスマホを長時間見ている」という毎日を過ごしている場合は特に注意です。

ただでさえ肩こりなどで体が不調になりやすい中、しっかりとした睡眠をとるのも難しくなってきます。

最近ではスマホで調べ物や確認する事は多々あると思いますが、寝る前に長時間使用するのは、なるべく避けた方が良いと思います。

 

日々の生活を見直す事で、新年度のスタートも元気に過ごしていきましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事トップ5

soilイメージ 1

一人暮らしや夫婦だけの時はあまり気にならなかったのですが、家族が増えてくると最後にお風呂に入った時にバスマットが少し濡れていて少し悲しい気持ちになる事がありました。 でも、思い切って珪藻土のバスマット ...

ハチミツ 2

少し触れると痛い口内炎。 体質かどうか分からないのですが、私の場合は寝不足やお酒を飲んだ後によくなってしまい、数日間ずっと食事が億劫になる事がよくありました。 これまでは、自然治癒で特に何もせず、食事 ...

写真を見る親子 3

我が家では自分で言うのもなんですが、夫婦ともに子供に甘い親バカです。 おかげでスマホやデジカメで撮った写真が大量にあり、いつどんな写真を撮ったか探さないと分からないぐらいです。 今年は上の子が3歳。保 ...

寝る子供 4

子供が小さい頃は夜の寝かしつけは大変です。 しかも、昼寝をしないまま夕方の5時や6時になってから寝てしまった時は、夜になかなか寝てくれず、深夜まで子供が起きているという経験をした方も多いのではないでし ...

乾燥肌対策 5

冬の季節に気になるのが乾燥肌ですね。 我が家でも、上の子は特に問題なかったのですが、下の子が乾燥肌だったようで、冬場になると引っ掻きすぎて体が傷だらけになっていました。 病院に行ったり、少し長くなると ...

-健康

Copyright© くらつく , 2018 All Rights Reserved.