健康 子育て

子供の乾燥肌に!しっとり保湿対策で綺麗な肌に

更新日:

乾燥肌対策

冬の季節に気になるのが乾燥肌ですね。

我が家でも、上の子は特に問題なかったのですが、下の子が乾燥肌だったようで、冬場になると引っ掻きすぎて体が傷だらけになっていました。

病院に行ったり、少し長くなると爪を切ったりと、引っ掻かないように色々と対策をしてみましたが、やっぱり1番効果的なのは保湿での乾燥肌対策でした。

基本的な事ですが、しっかり保湿を意識する事ですごい効果がありました。

 

スポンサーリンク

子供は乾燥肌になりやすい?

赤ちゃんや子供の肌はモチモチで見た目もきれい。

スキンケアもやってはいるものの、そんなに頑張らなくてもいいかなと思う瞬間があったお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

でも小さな子供の肌は大人と比べると、実は乾燥しやすいんです。

 

子供の皮膚は薄い

子供の皮膚は大人と比べると半分ほどの厚さしかありません。

しかも、新生児から1歳ぐらいまでは10分の1程度の厚さとも言われています。

子供の皮膚の方が水分量の割合は大人と比べて多いのですが、そもそもの皮膚の厚さがないので乾燥に弱く、皮膚のバリア機能も低いため、ダニ・ハウスダストなどの刺激にも弱くなっています。

 

皮脂腺の発達が未熟

実は小さな子供の間の方が、肌はドライだったりします。

子供の間は皮脂腺の発達が未熟で、肌の皮脂が少なく、大人と比べても乾燥肌になりやすいと言えます。

そのため、乾燥肌対策として、人口の皮脂である保湿クリームや乳液などを肌に補給する事が重要となってきます。

皮脂腺は性ホルモンの影響で発達するため、中高生になる頃までは、まだまだ少ない状態です。

乾燥や刺激から守るためにも、保湿はしっかりしておきましょう。

 

子供のオススメ乾燥肌対策

乾燥から子供の肌を守るには、乾燥の原因を減らす事肌の保湿対策のスキンケアをする事が大切です。

この2つが出来ていれば、ほとんどの子供は乾燥肌のリスクを減らす事が出来るかと思います。

まずは、乾燥する原因を減らす事が重要です。

乾燥肌の原因は、冬場などの乾燥した空気が多いですが、お風呂の入り方や生活習慣なども影響してきます。

特にお風呂は良かれと思って石鹸などで子供の体を綺麗にするものの、やり過ぎるとかえって乾燥肌になってしまう事もあります。

 

お風呂での体の洗い方を考える

子供の体を洗う時の石鹸などは、しっかりと泡立たせて、ゴシゴシではなく優しく洗ってあげましょう

特に冬の時期は、汗もかきにくいので、汗をかきやすい場所泥で汚れているような部分以外は軽く洗うぐらいでも十分です。

 

お風呂の時間を少なくする

お風呂に長時間つかっていると、皮脂やセラミドが流失してしまい、肌は余計に乾燥しやすくなります。

子供がまだまだ小さい内は長風呂はせずに、しっかりと温もったら早めに出た方が無難かも知れません。

また、お湯が熱すぎても肌は乾燥しやすくなるので、38~40度ぐらいを目安に温度設定をしましょう。

 

部屋を加湿する

冬になると只でさえ乾燥しやすくなりますが、エアコンやストーブなどの暖房器具を使用するとさらに乾燥してしまいます。

なるべく使わないように出来ればいいですが、寒ければやっぱり点けてしまうの暖房器具です。

暖房器具を使う場合は、しっかりと加湿をしましょう

また加湿器があれば良いですが、もし無かった場合は、部屋に濡れタオルをかけるなどで代用が可能です。

加湿する事で、風邪などの予防対策にもなるので、冬場はしっかりと加湿も意識しておきましょう。

 

保湿化粧品でのスキンケア

子供の乾燥肌対策として、我が家で最も効果的だったのがお風呂上りの保湿です。

入浴後の肌は、時間が経つほど乾燥していきます。

お風呂上がりの体を拭いた後は、なるべく早くベビーローションや保湿クリームなどを塗ってあげましょう。

 

子供の体に合った保湿剤を使う

保湿剤はなるべく低刺激の子供用の商品を選ぶようにしましょう。

水分が多めなのがローションや乳液、脂分が多めなのがクリームや軟膏になります。

汗をかきやすい夏や乾燥しやすい冬などの季節以外にも、子供の肌に合わせた物を選ぶ事が重要です。

我が家でもいくつか試してみましたが、下の子の乾燥肌が見事に落ち着いた事もあり、オススメは『アロベビー ベビーローション』 です。

アロベビーミルクローションのパッケージ

ローションとクリームの間のような感じで、水分と脂分が良いバランスなので、これ1本でも十分ケア出来るかと思います。

アロベビー 国産オーガニックベビーローションの購入はコチラ

どの保湿剤も口コミを見ていると肌に合う合わないとあるみたいなので、子供に合わなければすぐに違う物を使うというように、諦めずに色々と試してみると良いと思います。(肌に合う物が見つかるまでは少しお金もかかるかもですが…。)

保湿剤は乳液とローションを重ねて塗るなど、しっとりするぐらいにたっぷりと塗ってあげると効果的です。

子供ならではのモチモチの綺麗な肌になるようにしっかりと保湿対策をしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事トップ5

soilイメージ 1

一人暮らしや夫婦だけの時はあまり気にならなかったのですが、家族が増えてくると最後にお風呂に入った時にバスマットが少し濡れていて少し悲しい気持ちになる事がありました。 でも、思い切って珪藻土のバスマット ...

ハチミツ 2

少し触れると痛い口内炎。 体質かどうか分からないのですが、私の場合は寝不足やお酒を飲んだ後によくなってしまい、数日間ずっと食事が億劫になる事がよくありました。 これまでは、自然治癒で特に何もせず、食事 ...

写真を見る親子 3

我が家では自分で言うのもなんですが、夫婦ともに子供に甘い親バカです。 おかげでスマホやデジカメで撮った写真が大量にあり、いつどんな写真を撮ったか探さないと分からないぐらいです。 今年は上の子が3歳。保 ...

寝る子供 4

子供が小さい頃は夜の寝かしつけは大変です。 しかも、昼寝をしないまま夕方の5時や6時になってから寝てしまった時は、夜になかなか寝てくれず、深夜まで子供が起きているという経験をした方も多いのではないでし ...

乾燥肌対策 5

冬の季節に気になるのが乾燥肌ですね。 我が家でも、上の子は特に問題なかったのですが、下の子が乾燥肌だったようで、冬場になると引っ掻きすぎて体が傷だらけになっていました。 病院に行ったり、少し長くなると ...

-健康, 子育て

Copyright© くらつく , 2018 All Rights Reserved.