その他

もしもに備えて!家族を守る防災グッズや避難方法の確認

更新日:

防災グッズ

近年、阪神・淡路大震災や東日本大震災などの突然の大災害が発生したり、ゲリラ豪雨や台風などの風水害が多発するなど、災害はいつ・どこで起こるか分かりません。

いざ災害が起こった時、自分や家族を守る事が出来るように防災グッズや避難方法などの確認・準備をして、災害に備えておきましょう。

備蓄食料や生活用品などの防災グッズの確認

備蓄食料や保存用の飲料水は、災害が起きた後には「用意しなきゃ!」と思って用意するものの、いつの間にか賞味期限が切れていたりする事が多いと思います。

大規模災害が発生した場合に、食料(食糧)などの支援物質が十分に届くまでには数日間はかかってきます。

そのため、各家庭毎に家族分の非常用食料や飲料水を確保しておく事が大事です。

家族で避難する時に必要な食料など、定期的に防災グッズの備えを確認・用意しておきましょう。

備蓄食料

水の備蓄

生活用品

非常持出袋の準備

備蓄食料

備蓄する食料は、調理の難しい物ではなく、そのまま食べられるか、簡単な調理で食べられるような物にしておきましょう。

また、備蓄する食料は冷蔵庫での保管する物でなく、常温で保管できる物にして置かないと災害時に停電した場合や避難所に持っていく時にいざという時に腐ってしまう可能性がありますので要注意です。

実際に地震で停電した場合は、まずは冷蔵庫の生鮮食品から消費していき、冷蔵庫の冷気が無くなってきてから備蓄した食料を食べていくようにしてください。

賞味期限や消費期限に注意して、期限が近くなると食べてしまって新しい物を購入するなどして、備蓄食料を定期的に点検して入れ替えるようにしましょう。

 

水の備蓄

もしもの時に用意しておく水は、「飲料水」と「生活水」の2種類です。

飲料水は1日3リットルが1人分の目安になります。

飲料水は市販で売っている保存水を用意して、生活用水は使用したペットボトルなどに入れて保存しておくといいと思います。

日々のお風呂掃除の関係で難しいかもですが、お風呂の水を残しておくのも便利です。

 

生活用品

メガネや常備薬などの日常生活を過ごすのに必要不可欠な物は、まとめて持ち出せるようにしておきましょう。

また、赤ちゃんや小さな子供がいるご家庭では、紙オムツや粉ミルク、ウェットティッシュなども忘れないように準備が必要です。

軍手やレジャーシート、マッチなどのキャンプに使うようなアウトドアグッズも何かで役に立つ可能性があります。

 

非常持出袋の準備

避難する際に持ち出す必需品をバッグなどに入れて準備しておきましょう。

必要な物のチェックリストを作って用意していくと、荷物をまとめやすいです。

何を用意するか分からない・迷う場合は、防災セットが販売されているので購入してみるのもオススメです。

今は子供用の防災グッズもあるみたいなので、家族全員分を用意しておくと安心ですね。

 

≪防災安全協会認定 大容量30Lリュック採用≫ 防災セットSHELTERシリーズ

 

災害時の避難方法の確認

地震や津波、豪雨などの各災害時に適切な避難行動をする事で助かる場合もあります。

住んでいる地域や働いている場所などで、普段から避難場所や避難方法を確認したり、避難訓練を体験する事が大切です。

避難場所の確認

避難情報の判断

率先して避難

避難訓練

避難場所の確認

指定された避難場所や避難経路をあらかじめ確認しておき、突然の災害にも対応できるようにしておきましょう。

夜間や早朝の暗い時間での移動も想定して、溝やマンホール、道の凹みなど危険な場所がないかもチェックが必要です。

豪雨などの場合は、外に出るよりも家の2階などの高い場所の方が安全な場合もあります。

どういった時に避難するのかもしっかり考えておきましょう。

 

避難情報の判断

災害時にはテレビやラジオ、有線放送や防災無線など、災害情報を積極的に入手してください。

災害情報も正しい情報だけでなく、間違った情報もいろいろと飛び交うと思われます。

適切に判断した上で避難が必要な場合は、ただちに避難行動をとりましょう

充電や電波の関係もあるので、むやみやたらには使えませんが携帯電話が重宝されてきます。

電話回線が一杯な場合はSNSで連絡をとるという手段も主流になってくると思います。

 

率先して避難

避難する場合は、近所に声をかけたりしながら率先して避難しましょう。

そして、一旦避難した後は、落ち着くまで戻らないようにしてください。

荷物などの忘れ物を取りに家に戻ると、自分や周りの家の下敷きになったり、火災に巻き込まれる恐れがあります

「もう大丈夫!」という安全が確認されるまでは、避難場所にて待機するようにしましょう。

 

避難訓練

避難訓練は実際に災害が起こった場合を想定して、自治会や自主防組織などが行うものです。

積極的に参加して、いざという時にどのように避難するのかを確認しておきましょう。

また、避難訓練に参加した際には、恥ずかしがらずにしっかり参加してください。

そこで覚えた事で命が助かる可能性もあります。

 

家族を守る為に備える

自然災害の発生は、今のところは人が少し努力しただけで防げるものではありません。

特に地震などは、いつどこで起こるか分からないからこそ、自分や家族の為にしっかりと備える事が大切です。

とはいえ、いきなり全てをしようとしても難しいと思うので、少しずつできる部分から準備していきましょう。

 

≪防災安全協会認定 大容量30Lリュック採用≫ 防災セットSHELTERシリーズ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事トップ5

soilイメージ 1

一人暮らしや夫婦だけの時はあまり気にならなかったのですが、家族が増えてくると最後にお風呂に入った時にバスマットが少し濡れていて少し悲しい気持ちになる事がありました。 でも、思い切って珪藻土のバスマット ...

ハチミツ 2

少し触れると痛い口内炎。 体質かどうか分からないのですが、私の場合は寝不足やお酒を飲んだ後によくなってしまい、数日間ずっと食事が億劫になる事がよくありました。 これまでは、自然治癒で特に何もせず、食事 ...

写真を見る親子 3

我が家では自分で言うのもなんですが、夫婦ともに子供に甘い親バカです。 おかげでスマホやデジカメで撮った写真が大量にあり、いつどんな写真を撮ったか探さないと分からないぐらいです。 今年は上の子が3歳。保 ...

寝る子供 4

子供が小さい頃は夜の寝かしつけは大変です。 しかも、昼寝をしないまま夕方の5時や6時になってから寝てしまった時は、夜になかなか寝てくれず、深夜まで子供が起きているという経験をした方も多いのではないでし ...

乾燥肌対策 5

冬の季節に気になるのが乾燥肌ですね。 我が家でも、上の子は特に問題なかったのですが、下の子が乾燥肌だったようで、冬場になると引っ掻きすぎて体が傷だらけになっていました。 病院に行ったり、少し長くなると ...

-その他

Copyright© くらつく , 2018 All Rights Reserved.