お掃除

ついつい忘れがちに!?ホコリの溜まりやすい場所も掃除しよう

投稿日:

忘れがちな場所の掃除風景

定期的に掃除しているのに、大掃除のタイミングで発見する普段の掃除では見落としがちなホコリが溜まった場所。

なかなか掃除していなかっただけに、ホコリもこびりついて頑固な汚れになっている事も…。

今回は日常での掃除の際に忘れがちになってしまう場所を紹介します。

 

スポンサーリンク

掃除を忘れがちになるのはどんな場所?

ホコリが溜まってしまう場所は、もちろん日常の中で掃除が出来ていない場所です。

掃除出来ていない理由は、大きく分けて2つ。

それは、「生活の中で目につきにくい場所」と「少し掃除が面倒くさい場所」です。

 

生活の中で目につきにくい場所

生活している中であまり長居しない場所は、汚れている場所が目につく事も少なく、掃除をするのを忘れてしまいがちです。

また、同時によく掃除をする部屋や場所でも、床や腰ぐらいの高さまでは掃除していても、立った時の目線の高さ以上ある場所は掃除していない場合が多かったりします。

普段はあまり居ない場所や目につかない場所ですので、「そういえば掃除をしてないな」と気づいて、「さあ掃除しよう」と思った時には、しっかり掃除しないと取れない汚れになりやすいです。

具体的な生活の中で目につきにくいのはこんな場所

ベランダ

ウッドデッキ

階段の手すり

高さのあるタンスや棚の上

ベランダやウッドデッキは、生活スタイルによって変わってくるとは思いますが、1日で長時間いるというよりも、洗濯などで少しの間だけいる場所という場合が多いと思います。

こういった場所は、掃除するタイミング(ベランダは雨の日に掃除するなど)を決めていると忘れずに掃除できます

ベランダ
【雨の日がチャンス】後回しにしがちなベランダ掃除のタイミングと方法

雨が続いたある曇り空の日。 ​会社も休みだったので、いつもより少し遅めの朝食を食べ、さて今日も雨かも知れないけど少し間だけでも外に洗濯物でも干しそうか、と思ってベランダに出た時にとんでもない事に気づき ...

高さのあるタンスや棚については、「身長より高いような大きなタンス」や「トイレなどで便座の上に設置してある棚」などがあります。

我が家でも下の写真のような天井近くに設置されている棚の上の掃除は、日常では掃除するのを忘れがちです。

トイレの上の棚

ホコリは上から下へ落ちてくるので、床を掃除しても上から落ちてきたホコリでまた汚れてしまう事もあります。

定期的に掃除するだろう階段やトイレなどは、階段の足元やトイレの便器部分だけでなく、少し上を見て手すりや棚なども一緒に掃除するように意識しておきましょう。

 

少し掃除が面倒くさい場所

少し掃除が面倒な場所も後回しにした結果、掃除するのを忘れている事が多いです。

「また後で」と思ってしまうものの、サボりたい気持ちを何とか抑えて、他の所の掃除と一緒に一気にやってしまいましょう。

その時に掃除をしてしまった方が後々ラクに感じると思います。

具体的な掃除を後回しにしがちな場所

換気扇

照明器具

窓や網戸

換気扇や照明器具は、キッチンや部屋の掃除をする時に一緒にやってしまいましょう。

どちらも天井の方に設置してある事が多いので、掃除の途中で脚立を用意したりするのが面倒だと思います。

ただ、とりあえず掃除を始めるのではなく、始める前に今回掃除する場所の掃除グッズを考えてから用意していると、そんなに面倒に感じなかったりします

面倒な場所も計画を立てて掃除すると、思ったりよりも楽に感じる事もあるので、掃除前にはどこまで掃除するのかを考えてからやる事がオススメです。

 

後回しにしがちな窓のサッシもしっかり掃除を!

窓や網戸の場合は、脂ぎった手で触って手形が大きく残ったりするなど、何かのきっかけで汚れがつく事が度々あったりします。

なので、窓のガラスなどは面倒ながらも掃除する事も多かったりしますが、案外窓のサッシが「また今度」となりがちですので忘れず掃除を!

また、内側だけでなく、外側もしっかり掃除しておきましょう。

近くに道路があったりした場合は、排気ガスでかなり黒く汚れている事があります。(我が家です…。)

 

定期的な掃除も忘れずに!

他にも掃除が面倒な場所として、「エアコン」や「ソファの下」などがありますが、この辺りは意外と掃除している家も多いと思います。

なぜかというと、掃除しなければ汚れている事が分かっているので、「エアコンは季節の変わり目に」、「ソファの下は時間に余裕のある掃除時間に」というように、気になって掃除していたりします。

ただ、季節の変わり目などで掃除しなかった場合は、そのまま掃除しないまま放置してしまう場合もあるので、定期的な掃除も意識しておきましょう。

 

掃除せずに放置しているとどうなる?

掃除をし忘れてホコリが溜まってしまった場合は、冒頭でも記載したように頑固な汚れとなってきます。

特に、キッチンの油汚れとホコリが混ざり合うと、ちょっとの掃除ではなかなか取れません

他にも、お風呂やトイレ、雨や結露で濡れた窓などの水気のある場所も頑固な汚れになりやすいです。

できるだけ早めに掃除しておく事で、比較的に汚れも簡単に取れやすいので、放置せずに掃除する事が大事です。

注意ポイント

ホコリを放置しておくと、カビやダニが繁殖して、アレルギーや皮膚炎などの原因になる可能性もあり、健康面でも心配が増えてくるので要注意。

 

最後になりますが、意外と忘れがちな場所にゴミ箱があります。

ゴミ箱も放置していると臭いが酷くなる場合があるので、定期的に綺麗に掃除してあげると家の清潔感が上がると思います。

少なくても大掃除のタイミングでは、忘れがちな場所もしっかり掃除していきましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事トップ5

soilイメージ 1

一人暮らしや夫婦だけの時はあまり気にならなかったのですが、家族が増えてくると最後にお風呂に入った時にバスマットが少し濡れていて少し悲しい気持ちになる事がありました。 でも、思い切って珪藻土のバスマット ...

ハチミツ 2

少し触れると痛い口内炎。 体質かどうか分からないのですが、私の場合は寝不足やお酒を飲んだ後によくなってしまい、数日間ずっと食事が億劫になる事がよくありました。 これまでは、自然治癒で特に何もせず、食事 ...

写真を見る親子 3

我が家では自分で言うのもなんですが、夫婦ともに子供に甘い親バカです。 おかげでスマホやデジカメで撮った写真が大量にあり、いつどんな写真を撮ったか探さないと分からないぐらいです。 今年は上の子が3歳。保 ...

寝る子供 4

子供が小さい頃は夜の寝かしつけは大変です。 しかも、昼寝をしないまま夕方の5時や6時になってから寝てしまった時は、夜になかなか寝てくれず、深夜まで子供が起きているという経験をした方も多いのではないでし ...

乾燥肌対策 5

冬の季節に気になるのが乾燥肌ですね。 我が家でも、上の子は特に問題なかったのですが、下の子が乾燥肌だったようで、冬場になると引っ掻きすぎて体が傷だらけになっていました。 病院に行ったり、少し長くなると ...

-お掃除

Copyright© くらつく , 2018 All Rights Reserved.