美容

乳酸菌ローションで潤いのあるお肌に!美肌菌を増やす育菌スキンケアを始めよう

更新日:

美肌菌ケアをする女性

年齢や季節によって気になる肌ケア。

最近では、美肌を保つための美肌菌ケアが注目されてきています。

今回は、そんな美肌菌を増やす効果のある「乳酸菌ローション」を紹介します。

肌に潤いを生み出す美肌菌

瑞々しい潤いのある肌にしたいという時に気になるのが美肌菌。

美肌菌は、年齢とともに減少していくため、早めにケアしておきたいものです。

でも、「早く何とかしなきゃ」と思っても、美肌菌が「何なのか」や「どうやって増やすのか」は、あまり知られていませんよね。

美肌菌って何?

そもそも美肌菌とは何かと言うと、人の皮膚に1兆個以上住んでいる皮膚常在菌の中の「表皮ブドウ球菌」を美肌菌と呼びます。

皮膚常在菌には、善玉菌と悪玉菌があり、表皮ブドウ球菌は良い働きをする善玉菌の1つになります。

菌のバランス

 

なぜ美肌菌と呼ばれているかと言うと、表皮ブドウ球菌は肌の皮脂を食べる事で、保湿したり健やかさを保つグリセリン関連物質を作り出す事ができるからです。

また、悪玉菌の黄色ブドウ球菌を退治する抗菌ペプチドを作り、肌荒れなどから肌を守るという効果も期待できます。

表皮ブドウ球菌の働き

グリセリンは、肌を潤す効果があるので、保湿効果の高い化粧品にも良く使われていますね。

モデルや女優の方が美肌菌に注目しているのも、このグリセリンを分泌させる作用があるからだと思います。

美肌菌を増やす乳酸菌

潤いのある美肌になるためには、美肌菌を増やす事が効果的ですが、洗顔料や化粧品によっては、美肌菌を減らしてしまう場合もあります。

そんな美肌菌を増やす効果がある化粧品が、乳酸菌を使った化粧品です。

乳酸菌と言えば、まず思い浮かぶのは、ヨーグルトではないでしょうか。

ヨーグルトは食べる事で腸内環境を整えてくれますが、他にもヨーグルトのホエイ(上澄み液)のパックで美肌菌が増えるという話を聞いた事がある人もいるかと思います。

実際にホエイパックは美肌菌を増やす効果があるようで、以前にテレビでも紹介されていました。

ただ、いつもヨーグルトを食べる人なら費用もほとんど掛からないものの、ヨーグルトからホエイを集めたりなど、手間が掛かって面倒なのが難点です。

そこでオススメしたいのが、「乳酸菌ローション」です。

乳酸菌ローションのオススメポイント

乳酸菌ローションで特にオススメするポイントは、化粧品としての使い勝手の良さと保湿の最適な配合成分です。

特に配合成分については、やはり美肌に効果的な成分が多く配合されているので、これ1本でかなりの美肌成分を取り入れられると思います。

美肌菌に効果的な「塗る乳酸菌」

乳酸菌ローションに配合されている「ラ・フローラEC-12(エンテロコッカスフェリカス)」は、「塗る乳酸菌」として特許を取得しているものになります。

そして、乳酸菌ローションの1番のポイントは、この美肌菌を育てる乳酸菌成分の数と言えるでしょう。

乳酸菌ローション(80mL)に約4000億個も配合されているので、換算すると1mLで約50億個の乳酸菌があるという事になります。

乳酸菌のイメージのあるヨーグルトで一般的に1mLに1000万以上と言われているので、乳酸菌ローションは美肌菌を増やすのにかなり効果的がありそうです。

保湿や肌ケアにも効果的な成分

乳酸菌の他にも保湿成分や肌ケア成分もしっかり入っています。

美肌菌が肌の内側から潤いを生み出す以外にも、外からの保湿としても十分な効果があると思います。

乳酸菌ローションの保湿成分

やはり乳酸菌がメインになりますが、保湿成分として肌環境を整える保湿成分も肌に潤いを保つために大切になってきます。

乳酸菌ローションでは、保湿成分として、次の5つの成分が配合されています。

各保湿成分

  • セラミド
  • プロテオグリカン
  • ヒアルロン酸(植物由来)
  • コラーゲン(植物由来)
  • トレハロース

乾燥肌や年齢肌へのダメージを整える成分

また、乾燥肌や年齢肌に対しての肌バリア機能を高める美肌成分も注目ポイントです。

乾燥肌対策として、先ほど紹介したヨーグルトのホエイパックの成分のホエイタンパクも配合されています。

乾燥肌に効果的な成分

  • ヨーグルト液
  • ラクトフェリン
  • ホエイタンパク

また、年齢肌対策には、エイジングケアに着目した植物生まれの成分を配合しており、透明感とハリを与えてくれます。

年齢肌に効果的な成分

  • アロエベラ
  • クロレラ
  • クズ根

「全部知ってる成分だった」という人も少ないかとは思いますが、上記の半分以上は肌に良いという形で聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

 

実際に乳酸菌ローションを使用した感想

乳酸菌ローション

乳酸菌ローションの成分が良いのは分かったものの、実際の使用感はどうなのか。

さっそく乳酸菌ローションを使ってみました。

「きれいの定期便」という定期購入の場合は、通常3000円が初回1500円(送料無料)で購入できるので、初めて購入する場合は、この定期便が1番お得です。

回数制限は特にないので、1回だけの購入も可能です。※電話1本で休止できます

使用方法は、「朝晩の洗顔後すぐに、500円玉大ぐらいの量をとって、お顔全体に優しく包み込むようになじませます」との事です。

手に取った乳酸菌ローション

乳白色の少しとろみのある液体で、べたつくという感じではありませんでした。

もちろん、化粧水と比べると「さっぱり」というよりは、つけて「しっとり」という感じですね。

個人的に「特にいいな」と思った部分は次の2つです。

  • 肌の角質層まで浸透するのが早い
  • 肌の潤いが長く続く

肌への浸透が早い

お風呂での洗顔後に使用してみましたが、肌の角質層までの浸透はかなり早いと思いました。

1つ前は市販の良くあるタイプの商品を使っていたのですが、手に取って顔全体に馴染ませる時間は体感で半分ぐらいになりました。(前に使っていたのが合って無かったのかもですが…)

スッと肌に馴染んでいくので、洗顔後は乳酸菌ローション1本でも十分な肌ケアができると思います。

肌の潤いが長く続く

個人的な感想としては、肌の潤いが続くという部分は保湿クリームよりも上かも知れないです。

我が家では、夫婦ともに使い始めたのですが、使い始めた時点で保湿力がかなり高いとお互いに思っていたぐらいです。

数日経つと肌のモチモチ感をより感じると思います。

2月から使い始めたのですが、まだまだ乾燥の時期だったものの、肌のケアは保湿クリーム無しで十分なぐらいです。

個人差はあると思いますが、乳酸菌ローションの場合は、他の化粧品よりも潤った状態を持続できると感じました。

一般的な化粧品の場合

一般的な化粧品のスキンケア

表面からの潤いになるため、時間と共に乾燥していきます。

塗り足ししないと乾燥してしまうのが、このタイプですね。

乳酸菌ローションを塗った場合

乳酸菌ローションのスキンケア

乳酸菌ローションの場合は、乳酸菌で美肌菌を増やして元気にするので、美肌菌の働きによって、内側から潤いを与えていきます

そのため、長時間に渡って潤いをキープする事ができます

肌を弱酸性に保ってくれるので、肌の健康状態にも効果的なので、余計に長く感じるのかも知れません。

 

美肌ケアとして試してみる価値アリ

今回、乳酸菌ローションを使ってみた感想は、上記で書いた通り美肌が気になる人に、かなりオススメできる化粧品だという事です。

私自身は、これまで使用した化粧品の中でも、特に効果を実感できた化粧品でした。

「自分の肌に合わない」という場合は、30日間の全額保証もあるので「買って失敗した」という事もありません

乾燥肌や年齢肌に悩んでいたり、「コレっ」という化粧品がまだ見つかっていない人は、是非一度「乳酸菌ローション」を試してみてください。きっと満足できると思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容

Copyright© くらつく , 2019 All Rights Reserved.