体験

小さな子供も安心!家族で楽しめるフレンチBBQとは?

更新日:

フレンチbbqで肉を焼く

BBQというと、休みの日に海・山・川で楽しむイメージが一番強いのではないでしょうか。

私自身も若い頃に友人と「バーベキューをしよう!」となった場合は、お昼の海で楽しんだり、キャンプ場のある山や川辺でキャンプの夕ご飯として、よく楽しんでいました。

ただ、子供が出来てからは、人混みでの迷子の心配や夏の暑さ対策など心配事も多く、アウトドアなBBQにはしばらく行ってないのが現状です。

そこで今回は家族でフレンチBBQをやってみましたので紹介します。

 

家族で楽しむフレンチBBQ

春・夏・秋は、アウトドア派には嬉しい「BBQ(バーベキュー)」には最高の気候です。

とはいえ、子供が小さい頃は海・山・川に行くのは、人の多さや勝手に危険な場所に行かないようにと、いつも以上に子供から目が離せなくなるので、家族ではなかなか行けないというご家庭も多いと思います。

そこでオススメなのが、家族でゆっくりと楽しめるフレンチBBQです。

 

フレンチBBQとは?

フレンチBBQが何かと簡単に言うと、自宅の庭や近所の公園などの近場でゆっくりと楽しむ気軽なBBQです。

日本では2016年頃にブームがきて、徐々に定番化して広まってきてるようですね。

通常のBBQとの具体的な違いは、

自宅などの近場で行う

前菜(アペタイザー)からゆっくり楽しむ

飲み物はワインで乾杯する

という所になってきます。

私のフレンチBBQのイメージは、豪快に肉や野菜を焼いて食べていくのを楽しむというよりも、ホームパーティーの食事のメインがBBQになったというようなイメージです。(余計に分かりにくいかもですが…。)

気合を入れ過ぎずに、手軽にするBBQといったところでしょうか。

 

住宅街では要注意

自宅の庭で楽しめるフレンチBBQですが、住宅街になってくると近隣の迷惑にならないか要注意です。

私の家は田舎なので、近所の家との距離がそれなりにあり、少々騒いだりしても騒音になる事はまずありません。

ただ、住宅街になると家と家の距離も近くなるので、話し声や煙などがご近所さんの迷惑になってしまう事もあります。

他の家族も一緒にする場合は特に気をつけて、前もって隣の家などにも「少し騒がしくなっても大丈夫か」という了承をとっておいた方が無難です

隣の家に勉強中の受験生がいるなどの場合は、近所の公園など違う場所で行うのがマナーですね。

 

子供と一緒にフレンチBBQをやってみた感想

というわけで(?)、実際に実家の庭でフレンチBBQをやってみました。

フレンチBBQというか、実家でBBQしただけですが…。

自宅の庭でbbq

お肉も奮発して高砂市にある旭屋さんで神戸牛を購入。

焼肉用の神戸牛

コロッケが有名なので、前菜の1つとしてもちろん神戸牛のコロッケも購入しました。

ここからバタバタしてて、写真を撮るのを忘れていたので写真はこれだけですが、とりあえず大人はワイン、子供はアップルジュースで乾杯してから、コロッケ食べたりしながらBBQを開始しました。

 

小さな子供がいる場合はオススメ

フレンチBBQ(?)をしてみた結論としては、子供が小さい頃は家や近所の公園などでBBQするのが1番だと思いました。

なぜかと言うと、ちょっと時間が経つと子供たちが飽きて遊びだしたりで、海とか川だとゆっくりBBQしてる暇がないからです。

近場であれば、その辺りが安心できます。

例えば、家であれば部屋の中だとかにいるので、目に見える所より遠くに行く事がまず無いので、心配し過ぎる事もなくゆっくりできます。

あと、3歳ぐらいまでだとBBQで食べられる物も少ないですが、前菜として子供の食べる物を用意しておくと、他に子供用のごはんを用意しなくても大丈夫です。

BBQをゆっくり楽しみたいご家族にはオススメです。

 

インスタ映えにも最適

フレンチと付けただけでも、ちょっとオシャレっぽい感じがでますが、実際に近場ならではのテーブルレイアウトなども凝ったオシャレなBBQをしている人も多かったりします。

なので、フレンチBBQはインスタグラムなどのSNSをやっている人にも結構人気みたいです。

ワインやチーズ、前菜にサラダなど、BBQ以外の部分でもお皿を凝る事でかなりオシャレな感じに仕上がるみたいです。

子供たちが大きくなってきたら、そういった部分にも凝ったフレンチBBQもやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-体験

Copyright© くらつく , 2019 All Rights Reserved.