季節

すぐに捨てるのはもったいない?着なくなった服の使い道

更新日:

白い服

季節の変わり目で衣替えをする時にここ数年ずっと思っていた事があります。

今年も着なかった服が多すぎる!!

毎年のように「今年着なくても来年は着るかも知れない」と思い、防虫剤と共に次のシーズンまで眠りにつくのですが、今年は遂に処分する事にしました。

ただ、そのまま捨てるのはもったいないので、処分の仕方を考えてみました。




着なくなった理由

せっかく買ったり貰ったりした服を着なくなるには、何か理由があります。

「まだ着るかも知れない」と悩んでいる場合は、処分するか悩む前になぜ着なくなったのかを考えましょう。

以下の理由の場合は、思い切って処分した方が良いかと思われます。

サイズが合わなくなった

初めから服のサイズが合わないという事はあまり無いかと思います。

少し太ったや痩せた場合にサイズが合わなくなった場合は、まず1〜2年経ってもサイズが合わない場合は、お気に入りだった服だとしても処分した方が良いでしょう。

また、子供服の場合は下の子が生まれる予定がある場合は別ですが、そうでない場合はほぼ100%着ることはないので思い出の服以外は処分してしまいましょう。

汚れてしまった・破れてしまった

白い服が食べ物のシミで汚れてしまったり、パンツのポケットが破れてしまったりで処分しようと思う人も多いでしょう。

特に白いパンツに取れない黄色い汚れが付いた時は、何か嫌ですよね。

他にも、何かあった時に着るかもとクリーニングに出していた数枚のシャツですが、着ていないにも関わらず、首元に黄色い汚れが…。

汚れたシャツ

思っていた感じじゃなかった

買ってから着てみると「思ってたのと違う…」という事は時々あるのではないでしょうか。

特に、「テレビで芸能人が着ていた」とか、「ネットで見て気に入った」とか、というように実際に試着をしないまま購入してしまった時は、後で後悔する可能性が高いです。

必要がなくなった

今回、私が服の処分を心に決めた1番の理由がこれです。

仕事着や習い事の関係で着ていた服は、新しいデザインに変わったり、やめたりすると着る機会が無くなります。

私の場合はスーツを着る仕事をずっとしていたのですが、2年前に私服で出社する仕事場に転職した事で全くスーツを着る機会が無くなりました。

いらなくなった服の処分方法や活用方法

服をリメイク

着なくなりいらなくなった服なども、そのままゴミとして出すのではなく、いろいろな活用方法があります。

小物カバーなどにリメイクする

クッションカバーや枕カバーなどヘタりやすいカバー類にリメイクするのが一般的ではないでしょうか。

小さな子供のいるご家庭では、少し端の糸がほつれてきたタオルなどを利用して、子供のスタイにリメイクするのも良いです。
微妙な柄だったとしても、余所行きのものではなく、家でのご飯の時間用に使えば経済的です。

また、長いプリーツスカートなどはリメイクしておしゃれなワンピースになったり、破れた服もパッチワークの服として他の服と組み合わせてリメイクする事もできます。

フリーマーケットなどで販売する

サイズが合わなくなった服や買ったものの着なかった服などは、まだ状態の良いものも多い場合があります。

そういった場合はフリーマーケットで売るなどすると、思ったよりもお小遣いになることも。

今はネットやアプリで簡単に、販売する事も出来るので売れそうな服があれば、ぜひ試してみてください。

ただ、ネットなどで売る場合には良い部分だけでなく、ほつれなどの悪い部分もしっかり紹介するようにした方が無難です。

悪い部分を隠さないようにすると後で揉める事もほとんど無くなりますし、しっかり良い部分も悪い部分も出す事でネットで重要な良い評価を得られる可能性が高くなります。

誰かにあげる

フリーマーケットで売ったりするのは面倒くさいという場合は、兄弟・友人などにあげてしまいましょう。

子供服などは綺麗な状態だけど、サイズの関係で着なくなる事が特に多いので、喜ばれる事も多いかと思います。実際に貰う側もすぐにサイズが変わる事が分かっているので買う事を躊躇している場合があります。

わらしべ長者ではないですが、着なくなった服がケーキに変わったりする場合もありますので、元が高い服でも太っ腹であげてしまいましょう。

また、海外支援として服などを送るのも良いですね。

掃除道具として活用する

我が家では、靴下やパンツは基本的にはどうしようもないので、捨てる前にぞうきん代わりに使用してから捨てます。

靴下は手を入れて使えるので意外と重宝します。

また、散髪を自分たちでしたりする家などでは、着なくなったワイシャツなどを羽織ってから散髪する事で毛が服に付くのを防ぐこともできます。

掃除道具として使用する場合は、基本的には1回だけの使い切りとなると思いますので、汚れのひどい場所にも躊躇なく使用できるのもありがたいです。

まとめ

着なくなった服の処分や活用についてまとめてみましたが、服も出来るだけ処分しないで着続けられれば1番です。

「サイズが合わないかも知れないけどセールで安いから」という理由で買った服は、かなりの確率で着ないまま処分する事になるでしょう。

「買ったもののサイズが合わなかった」とか、「冷静に考えると着る機会がない」などとならないように、買う時に本当にいるのか考える事も大事です。

もし処分する場合でも、ただ捨てるという事にならないようにしっかり活用できるように考えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-季節
-,

Copyright© くらつく , 2018 All Rights Reserved.